検索ボックス
 

2015年01月16日

■スマホで有線キーボードでかな入力

■スマホで有線キーボードでかな入力


スマートフォン(au,HTC J,butterfly HTL23,Android4.4.2)
※USBホスト機能がある

有線キーボード(Softbank,SB-KB06-WUSB/BK,84Key,MicroB端子)

使用IME、NicoWnnG IME

機種変更前に、PC用のBluetooth無線キーボードでかな入力できるIMEとして確認し、そのまま使い続けているものです。他にも対応しているIMEはあると思いますが、あまり変えたくないという理由もあって、これを使っています。
(恐らくですが、Atokもかな入力できると思われます)



さて。
割と設定の位置が深かったので記録(複製)しておきます。
僕は「かな打ち派」です。ローマ字入力も出来ますが、キーボードは『出来るならば出来るだけ』かな入力を望みます。
叶うなら、使用するすべてのデバイスで!

■経緯
いつもキーボードは10Keyレスのタイプを愛用しています。
PC用のBluetooth無線キーボードを持っていて、Androidでもこれを使っていました。ただ、年間の使用時期にむらがあり、使わないときは数ヶ月使用しないため、電池が待機できずに使いたいときに使用できなかったこともありました。
また、無線の使用が制限される環境(機内など)で使いにくい事もあり、無線タイプをスマートフォン用としてはうまく使えていません。飛行機内の使用制限が条件付解除されているのは知っていますが……。

1年ほど前でしょうか、出張先で「SoftBankセレクション」としてスマートフォン用の有線キーボード(SONIX USB Keyboard)を店頭で見かけて購入しました。
この有線キーボードを一番使いたかったのはAndroidタブレットですが、所有する機器は残念ながらUSBホスト機能が無効のタイプでした。それで、一時お蔵入りしていました。
携帯電話(スマホ)を新機種に更新して、USBホスト機能が有効だったので再び設定に挑戦したという経緯です。

A)Android機器側の設定
設定の出し方がいくらか違うかと思いますが、まず、このキーボードを挿します。
すると「言語とキーボード」設定の中に、「物理キーボード」の項目が現れます。
認識上は「SONIX USB keyboard」と出ます。まずこの設定からです。
「キーボードレイアウトの選択」を出すと少ししかリストがありませんので、「キーボードレイアウトの設定」でリスト項目を増やします。今回は英字関係のものを増やします。僕は「英語アメリカ インターナショナル配列-Androidキーボード」を使いました。

B)日本語入力の設定
僕が使用しているのは nicoWnnG IME ですが、複雑なカスタマイズが可能でかな入力ができるので当初から使っています。かな入力が少数派なので昔は今よりもさらに選択肢が無かったですね。今なら Atok が販売されていますからそれも選択肢に入れていいかもしれませんね。
ともかく nicoWnnG IME の設定をします。
もし「縦横で個別の設定を使う」設定を有効にしていたら、スマホの画面を縦にしたり横にしたりしてそれぞれ設定するのをお忘れなく。
「詳細なキーボード設定」から「QWERTY配列の設定」、そして「QWERTYキーの入力方式」を選んで「JISかな」を選びます。
戻って「詳細なキーボード設定」から「QWERTY配列の設定」、「[shift]キーの動作」をお好きなものにします。僕はロックしない設定で使っています。
戻って「詳細なキーボード設定」から「QWERTY配列の設定」、「キーマップの変更」で「USキー → USマップ」でチェックします。もし、使ってみて「なんか違う」と思った場合はここの組み合わせを変えると何とかなります。
またまた戻って「詳細なキーボード設定」から「QWERTY配列の設定」、「[全角]キーで文字種を変更」をチェックを外して無効にします。文字種の切り替えには [shift]+[空白] を使います。
(これは英語キーボードでは共通の操作ですので、他の特殊な操作など、詳しくは「101キーボードの操作」などをキーワードに検索されると良いでしょう)

僕は動作状態が見える方が安心なので、物理キーボードがある状態でも一列表示をする設定にしています。このあたりの設定はお好みでどうぞ。
かなの配列は「ろ」以外は101英語キー上のかな文字と同様です。
写真だと次のようになります。
実際にKing JIM のテプラで作ったものを貼っています。
kana-SB-KB06-WUSB.png

まぁ、キーボードへのこだわりは、指先の触感的なものも多いので、感覚的であり、論理的な理由は少ないです。
「合うものは合う、合わないものは使いづらい」これに尽きます。
posted by ZON3 at 00:46| 日記

2014年05月11日

■3ヶ月くらい前のメモから

■3ヶ月くらい前のメモから
え、3ヶ月くらい前のメモを見ながら書いています。

ちなみに、その時のタイトルは「失業しそうになりながらも」というものでした。

実際は『倒産しそうになりながらも』生きてますって感じです。

2月から家庭にまともにお金を入れられなくなりました。
いろんな臨時収入(保険を解約した差額とか)で自転車操業に生きています。

今月は生活費を入れられるといいなぁ……。
たぶん5月は大丈夫と思うけれど。

一つ目は、どんなに働いていても仕事が終わりません。
事情はいろいろあります。
ICT関係の間違ったてこ入れで、持ち帰り残業ができなくなって、職場に居残りしてるとか。
子育てのこととか介護のこととか、夜と朝が忙しいとか。

うーん、どうしよう。
具体的に書きたいけれど、それちょっと守秘義務にひっかかるしなぁ。
ブラック企業張りの、黒い仕事を書きたい。でも無理、見たいな。

ともかく、何かと高給取りに言われるわれわれですが、預金通帳にはこのごろひゃくなんじゅう円くらいの残高で推移しております。
いぇ、公平を期して書きますが、収入はありますよ、そこそこ。
ただ、地方公務員はトンネルなんです。給与はすっかり出て行く仕組みになっていますので、こんな感じです。

ですので、以前に日記でもこぼしましたが、われわれはサービスを提供する端末であり、公の人、公務の僕なのです。我々が増えるのがサービス向上であり、我々が減ったり、委託されるのはサービスの低下なんです。
誰にとってか、それは国民全員です。
サービスが向上して困るのは(困るっていうのも正確な表現ではありませんが)、提供側、つまり国です。
ですので、公務員の給料が上がっても国民の(僕自身を含めて)皆さんには、ほとんど何の迷惑もかかりません。公務員の給料はストレートに生活費として地域の収入に返還されます。
どこぞの大型公共事業のように、地元に使ったお金がなぜか他所の県やら国やらに循環したりはしないです。

僕は同じ公務員仲間として、消防職員や、県庁・市役所職員、警察が統廃合されることに危惧を感じています。
(↑これらは『広域化』のお題目の元に人減らしが進んでいます。泣ける)

ま、愚痴が長くなってしまいました。

「考えるだけで作品が作れたらなぁ、」と思う日々が続いています。
すごい傑作とまではいかなくても、「これ、なかなか面白いんじゃないかな」と自分でも思えるねたが思い浮かんで……消えていくのが悲しいなあ。

例のXPサポート終了の余波で、結構きつかったです。
結局環境はなくしてしまったので、また、タブレットが使える環境を作るところからやんないと。
尺取虫のような日々だなぁとおもいます。
posted by ZON3 at 00:33| 日記

2013年11月21日

■三日おきに

■三日おきに

大きな仕事は終わったものの、まだまだ仕事が忙しく、三日おきくらいに切羽詰まった状況になっています。
まーその、ストレスで軽く胃をやられてもおかしくないようなレベルですね。

ただ、なんたることか、これまでより強いストレスを経験してきたせいで、感覚や神経がそれらを「受け付けない」「流す」「消す(記憶から)」ということをやってくれます。

あとで、忘れたり失態を演じたりで、恥ずかしい思いをするのですが。
それで、それもこれも含めて忘れているようなのですが。
(自分では確認のしようがない、って感じで)

仕事をこれから先どう続けていくかで、考えないといけないですねぇ。
介護の事もあるし、また異動となると、それはそれで大変だし、さて。

さてさて。
「メモ」が増えまくっています。
紙のメモ、CamiAppの写真メモ、データ上のメモ、などなど。
自分で何を書いているのか分からないメモもあるので、破棄できずに増えています。
整理しなくては、という……
ま、

この意志をここにメモしておこう。

posted by ZON3 at 23:26| 日記

2013年10月16日

■進んでいるんだけど、実感が無い

■進んでいるんだけど、実感が無い

半年前の父の脊椎損傷から始まって、物事が進んでいるのだけれど、まったく実感が無いです。
心境の変化として、春先から夏にかけては『一年目だけど異動希望を出そうかな』みたいにずっと考えていましたが、今の調子なら、なんとかもう2年くらい乗り切れそうな気がしてきたので、がんばってみようかな、と。

基本、働くのが好きな性格ですしね、
……体がちょっとついてこなかっただけで。

先日、久しぶりにタブレット(あれですよ、ペン入力デバイスの方ですよ)をつないで、描こうかという気分になったのですが、機械の方が不調で準備だけで終わってしまいました。残念。

あと、スマートフォンのアプリ使って、1トラックの楽譜を入力したり、そのMIDI譜をVOCALOID EDITOR2に読み込んで声楽化して、それを耳で追いながら、SynthFontで「これかな」ってサウンドフォントを設定してMIDI譜を演奏し直してWAVEファイルにして音楽CDを作ってみたりとか、「なぞり」をしています。

創造が、欠けているかな。
頭の中のものを物理に変換できるといいのに、と妄想するこの頃です。

タグ:言いたい
posted by ZON3 at 22:55| 日記

2013年07月04日

■それでも幸せなのだろう

■それでも幸せなのだろう

毎日、朝に、仕事の合間に、あるいは仕事中でも、食事中も、トイレやフロの時も、夜も、運転中も、音楽を聴いていても、ニュースを見ていても、子どもと語らっているとき、遊んでいるとき、叱っているとき、薬を服用するとき、コーヒーを飲むとき、腕時計をとるとき、鍵に手を伸ばすとき、携帯の所持を確認するとき、着替えているとき、歯を磨いていてさえ、奥様の体を抱きしめている瞬間さえ、あるいは、今、眠りに落ちようとする時ですらも。

僕の頭は常に何かを考えている。
休むことができない。
そしてそれは、生産的ではないので、
、、、気が散っている、といえると思う。

こうやって、文章をこねくり回している時、
本を読んでいる時、
それだけが、考えが集中できている。

ただ、かわりに周りが見えず、時間の経過はわからない。

昨日、去年一緒に働いていた人のお通夜に行った。
そして受付で自分が香典袋を落としたことに気が付いて、軽くパニックになった。

このところの仕事の忙しさは家族の不評を買っている。
何とかしたいと、自分でも思う。

その、職場では次々とやっかいな出来事が起きる。
ただ、ほとんどの場合、僕は当事者ではない。丁度僕は今の職場ではかなり妙な立場で仕事をしているので、少しだけ外側に立っているのだ。
(首を突っ込んでもいいんだけれど、でしゃばるのも気が引ける、という意味でも、立ち位置には気を遣う。今の職場では『担当』を頭の横に置いておかないとすることを見失う恐れがありますのだ)

創作的な事がやりたいと思うのだが、実行できない。ウェブサイトも『データの結合』で再開作業が止まったままだ。
一応便利な電子文具の力を借りて、アイディアは失わないように記録をとっている。

だから、まぁ、そうやって自分の表現をする、したいという気持ちを、まだ無くしてはいないから、
活動再開が随分と未定だとしても、

それでも幸せなんではないかと、ついさっき、思ったのでした。



posted by ZON3 at 23:18| 日記