検索ボックス
 

2015年01月21日

■インフルエンザが流行する世の中

■インフルエンザが流行する世の中

なんか驚いたのは、前回日誌を書いてから三日以上経ったという事だ。

あれ。

気分的には続けて書いてるような気になっていましたが……。
(まぁ病気なのだからそういうのかもしれない)

さて、タイトルにあるインフルエンザです。
今年も流行期になりました。
なんか今年は伝播の仕方が今までと勝手が違っていて疑問符ですが、流行っているのは間違いないようです。たぶん、医療関係者にとっては、今まさに大忙しの只中でしょう。

介護が必要な身内がいる家庭では、インフルエンザの流行はデリケートになってしまいます。「死ぬかもしれない」という事がシャレにならない事態です。
どっちかってーと、寝たきりの父より以前に肺炎やってる母の方が危険かなー。

でも子どもたちは学校からもらってきちゃうんだよね。仕方ないけど。
今夜娘一号が発熱して、A型の判定が出たわけですが、心構えがよかったおかげか、病院から帰るころには熱が下がり始めていました。吸入器が上手に使えたので、投薬もそれっきりで済むでしょう。昨年とかは、一晩中人間クーラーやってたのですが、今年は一人で寝ています。
で。
薬局で順番を待っていると、半分はインフルエンザでした。その場でみんな吸入していましたが、一人、修学旅行の中学生がいて、なんとも複雑な気分になりました。沖縄から佐賀に来たらしいです。養生するのか、帰還するのか、どっちにしても大変だなぁ。

同じことが、運動部活の対外試合や、交流会でも起きるでしょう。
人が交流する場面で危険が伴ってしまうのは悲しいですね。

アガサ・クリスティーの小説ではありませんが、(あの小説では風疹だったと思います)一つの感染症で、命が失われたり、人生が変わってしまったら、どう回復すればいいやらです。

確かに今、インフルエンザは処置を間違えなければ、当人にとって危険は低くなりました。
でもそれは、そうしようと頑張っている医療界や、技術の大きな働きであり、そして、実はインフルエンザ自体の危険性は何も変わってはいないのだということを、忘れてはいけないと思ってしまいます。

インフルエンザが軽い症状でおさまるとして、でもインフルエンザが相変わらず危険であるとしたら、ほぼ一晩で楽になる現状で、完治していない人間が出歩いて流行を拡大してしまう恐れがあるのではないでしょうか。
と。
「インフルエンザがどこからか流行する」今、そんなことを考えるのです。
posted by ZON3 at 22:56| 日記

2015年01月18日

■今のところ書いてみる。

■今のところ書いてみる。

ごくささやかなやる気で変われるのかもしれない。
知っていても、実際なかなか実行できないのが、この病の辛いところ。

さて、メインのノート型PCがバッテリーを失って幾年過ぎた。またまた仕事環境が変わってきたので、バッテリー無しでは辛くなってきた。そこでバッテリーを求めたのだが、完全に欠品なのだという。困ったものだ。
バッテリーの問題がコンピュータに付きまとう。それが嫌でACアダプタで使っているのだが、コンセントの期待できない場所で使用したいようになってきてしまった。さて、どうする。
今の中古コンピュータは、僕のPCより新しいときている。悩ましい。
ほんと、WindowsOSのサポート切れの問題さえなければ、悩まなくていいのに。ハードウェアがダメになるまで使い続けられるのに。
……正直、いまこの「管理」が一番辛い。ライセンス管理よりもやりたいことがある。でも、超スローペースになった僕は数年がかりで一つのことをやり遂げるようになってしまった。やっている途中でソフトウェアもOSもバージョンアップしてしまう。
その度に僕はつまづいていく。

仕事のことがなければ僕はWindowsを使わなくて暮らせるのに、と八つ当たりしたい時がある。
今はdocx、exlx、pptxファイルが憎い。一太郎もだけどもう疲れた。

……そうか、もう20年か。
1995年ごろ、インターネット上に書き物のホームページを起こしてから、20年になるのか。なんてこったい。今唐突に思い出した。そのころのエントリーのひとつが「ワードプロセッサの呪い」だった気がする。
互換性のない文書が溢れ、僕らが苦しみ、僕は「夢」のフォーマットによって救われることを妄想するという内容だったと思う。
マークアップ言語にすごく期待していた。
でも文字の世界はもっと恐ろしくて(白川 静さんじゃないよ)、そもそもJISの基準からして恐ろしいのだと、知れば知るほど悲しくなってしまうんだ。
書き文字認識に感動して、ザウルスユーザーになったことや、電池で動くことに感動してPOMERAユーザーになったりしたっけ。
画面書き込みがしたくて、ThinkPad X61 Tablet を手に入れたんだった。でも期待したほどじゃ無くって。字はかけてもお絵描きにはもうひとつだった。
そして、ノートPCは重い時代だった。

今僕はスマホで文字をタイプしている。性能的には申し分なく、唯一の壁はキーボードが使えないことだった。でも今はキーボードが使える機種に更新した。
そうそう、去年の夏、遠近両用眼鏡を買って、手元が見えるようになったことも大きいプラスかも。

今日はここまで。
あんまり一気に打つとリハビリにならない。

ずいぶん久しぶりに、「考えて文章を打っている」気がする。
posted by ZON3 at 23:44| 日記

2015年01月16日

■なんかこう浮上してきた。

■なんかこう浮上してきた。


昨日、備忘録的な目的で久しぶりに日誌をエントリーしたら、なんかこう、気分が浮上してきた。

昔書いた気がするんだけれど、やはり、書くことのストレスは、書く事でしか解消できないと思う。そして、描くことも書くことも、それを他人に見てもらう、読んでもらうことと対になっていると思う。


なるべく続けたいところ。


さて。

実はもげそうなくらい右肩が痛い。いつも痛いのではなくて、ある特定の角度や力加減で痛い。ストレッチが有効なのは分かっているのだけれど、痛くてなかなか継続できないでいる。病院にも飛び飛びにしか行けない。


幸い、施術や手術が必要な『病』では無いけれど、こう痛いと行動に制限が出てきて困る。

右腕の使いすぎなのは分かっていて、これまで手首や肘をかばっていたのだけれど、肩に出るとは思わなかった。油断していた。(もともと肩こりがひどいので自覚が遅れました)


後は……局所的な記憶喪失みたいな物忘れが怖い。

昔書いたかもしれない。モザイク形に記憶が欠けて、自分では憶測でしか埋め合わせられない。本当の意味で思い出すことは出来ず、論理的に記憶をつなぐだけなので実感が無い状態がかわらず続いている。

なので、悪気は無いんだけれど、失礼無礼を働いてしまい、それらを含めてとにかく悲しい。

こんなところ。
posted by ZON3 at 22:12| 日記

■スマホで有線キーボードでかな入力

■スマホで有線キーボードでかな入力


スマートフォン(au,HTC J,butterfly HTL23,Android4.4.2)
※USBホスト機能がある

有線キーボード(Softbank,SB-KB06-WUSB/BK,84Key,MicroB端子)

使用IME、NicoWnnG IME

機種変更前に、PC用のBluetooth無線キーボードでかな入力できるIMEとして確認し、そのまま使い続けているものです。他にも対応しているIMEはあると思いますが、あまり変えたくないという理由もあって、これを使っています。
(恐らくですが、Atokもかな入力できると思われます)



さて。
割と設定の位置が深かったので記録(複製)しておきます。
僕は「かな打ち派」です。ローマ字入力も出来ますが、キーボードは『出来るならば出来るだけ』かな入力を望みます。
叶うなら、使用するすべてのデバイスで!

■経緯
いつもキーボードは10Keyレスのタイプを愛用しています。
PC用のBluetooth無線キーボードを持っていて、Androidでもこれを使っていました。ただ、年間の使用時期にむらがあり、使わないときは数ヶ月使用しないため、電池が待機できずに使いたいときに使用できなかったこともありました。
また、無線の使用が制限される環境(機内など)で使いにくい事もあり、無線タイプをスマートフォン用としてはうまく使えていません。飛行機内の使用制限が条件付解除されているのは知っていますが……。

1年ほど前でしょうか、出張先で「SoftBankセレクション」としてスマートフォン用の有線キーボード(SONIX USB Keyboard)を店頭で見かけて購入しました。
この有線キーボードを一番使いたかったのはAndroidタブレットですが、所有する機器は残念ながらUSBホスト機能が無効のタイプでした。それで、一時お蔵入りしていました。
携帯電話(スマホ)を新機種に更新して、USBホスト機能が有効だったので再び設定に挑戦したという経緯です。

A)Android機器側の設定
設定の出し方がいくらか違うかと思いますが、まず、このキーボードを挿します。
すると「言語とキーボード」設定の中に、「物理キーボード」の項目が現れます。
認識上は「SONIX USB keyboard」と出ます。まずこの設定からです。
「キーボードレイアウトの選択」を出すと少ししかリストがありませんので、「キーボードレイアウトの設定」でリスト項目を増やします。今回は英字関係のものを増やします。僕は「英語アメリカ インターナショナル配列-Androidキーボード」を使いました。

B)日本語入力の設定
僕が使用しているのは nicoWnnG IME ですが、複雑なカスタマイズが可能でかな入力ができるので当初から使っています。かな入力が少数派なので昔は今よりもさらに選択肢が無かったですね。今なら Atok が販売されていますからそれも選択肢に入れていいかもしれませんね。
ともかく nicoWnnG IME の設定をします。
もし「縦横で個別の設定を使う」設定を有効にしていたら、スマホの画面を縦にしたり横にしたりしてそれぞれ設定するのをお忘れなく。
「詳細なキーボード設定」から「QWERTY配列の設定」、そして「QWERTYキーの入力方式」を選んで「JISかな」を選びます。
戻って「詳細なキーボード設定」から「QWERTY配列の設定」、「[shift]キーの動作」をお好きなものにします。僕はロックしない設定で使っています。
戻って「詳細なキーボード設定」から「QWERTY配列の設定」、「キーマップの変更」で「USキー → USマップ」でチェックします。もし、使ってみて「なんか違う」と思った場合はここの組み合わせを変えると何とかなります。
またまた戻って「詳細なキーボード設定」から「QWERTY配列の設定」、「[全角]キーで文字種を変更」をチェックを外して無効にします。文字種の切り替えには [shift]+[空白] を使います。
(これは英語キーボードでは共通の操作ですので、他の特殊な操作など、詳しくは「101キーボードの操作」などをキーワードに検索されると良いでしょう)

僕は動作状態が見える方が安心なので、物理キーボードがある状態でも一列表示をする設定にしています。このあたりの設定はお好みでどうぞ。
かなの配列は「ろ」以外は101英語キー上のかな文字と同様です。
写真だと次のようになります。
実際にKing JIM のテプラで作ったものを貼っています。
kana-SB-KB06-WUSB.png

まぁ、キーボードへのこだわりは、指先の触感的なものも多いので、感覚的であり、論理的な理由は少ないです。
「合うものは合う、合わないものは使いづらい」これに尽きます。
posted by ZON3 at 00:46| 日記

2014年05月11日

■3ヶ月くらい前のメモから

■3ヶ月くらい前のメモから
え、3ヶ月くらい前のメモを見ながら書いています。

ちなみに、その時のタイトルは「失業しそうになりながらも」というものでした。

実際は『倒産しそうになりながらも』生きてますって感じです。

2月から家庭にまともにお金を入れられなくなりました。
いろんな臨時収入(保険を解約した差額とか)で自転車操業に生きています。

今月は生活費を入れられるといいなぁ……。
たぶん5月は大丈夫と思うけれど。

一つ目は、どんなに働いていても仕事が終わりません。
事情はいろいろあります。
ICT関係の間違ったてこ入れで、持ち帰り残業ができなくなって、職場に居残りしてるとか。
子育てのこととか介護のこととか、夜と朝が忙しいとか。

うーん、どうしよう。
具体的に書きたいけれど、それちょっと守秘義務にひっかかるしなぁ。
ブラック企業張りの、黒い仕事を書きたい。でも無理、見たいな。

ともかく、何かと高給取りに言われるわれわれですが、預金通帳にはこのごろひゃくなんじゅう円くらいの残高で推移しております。
いぇ、公平を期して書きますが、収入はありますよ、そこそこ。
ただ、地方公務員はトンネルなんです。給与はすっかり出て行く仕組みになっていますので、こんな感じです。

ですので、以前に日記でもこぼしましたが、われわれはサービスを提供する端末であり、公の人、公務の僕なのです。我々が増えるのがサービス向上であり、我々が減ったり、委託されるのはサービスの低下なんです。
誰にとってか、それは国民全員です。
サービスが向上して困るのは(困るっていうのも正確な表現ではありませんが)、提供側、つまり国です。
ですので、公務員の給料が上がっても国民の(僕自身を含めて)皆さんには、ほとんど何の迷惑もかかりません。公務員の給料はストレートに生活費として地域の収入に返還されます。
どこぞの大型公共事業のように、地元に使ったお金がなぜか他所の県やら国やらに循環したりはしないです。

僕は同じ公務員仲間として、消防職員や、県庁・市役所職員、警察が統廃合されることに危惧を感じています。
(↑これらは『広域化』のお題目の元に人減らしが進んでいます。泣ける)

ま、愚痴が長くなってしまいました。

「考えるだけで作品が作れたらなぁ、」と思う日々が続いています。
すごい傑作とまではいかなくても、「これ、なかなか面白いんじゃないかな」と自分でも思えるねたが思い浮かんで……消えていくのが悲しいなあ。

例のXPサポート終了の余波で、結構きつかったです。
結局環境はなくしてしまったので、また、タブレットが使える環境を作るところからやんないと。
尺取虫のような日々だなぁとおもいます。
posted by ZON3 at 00:33| 日記