検索ボックス
 

2015年02月10日

■ 何を書こうとしていたのか

■ 何を書こうとしていたのか

以前にも、このタイトルをつけたという、おぼろげな印象がある。
そして、それはあり得るな、という実感がある。

思い出せると嬉しいのだけれど。

さて。
たぶん一つはこれ。
忘れるということに、周りの共感を得られないことについて。
障害や難病や介護や、難儀なことが幾つもあるなかで、そういう世界にいると、決まって周囲の無理解の話題は出てくる。だから僕は、共感が難しくても、「そういうものである」と、理解しようという姿勢は出そうと思う。共感のしづらさは、わかっているつもりだ。
その上で、やはり共感してもらえないことが悲しい。

端的に、忘れるとしか表現しようがないのも、まあ、そのせいかもと思うんだけれど、こうして日誌を書いて、書き表された『実感の乏しい』文書を読み返してみて、ふと、思う事ができる。

そう、実感がなくなっていくのが悲しいんじゃないだろうか。
残されたものは、動かしようにない現実で、状況で、確かな証拠だ。
理性はそれを事実だと理解する。

でも僕はそれを『確かに』は『思い出せない』んだ。

関係して、寂しくて、奥さまの体を揉みながら、その存在する「質」を指に覚えさせたくてたまらない。しかし、肩凝り体質の悲しさ、ついつい「ツボ」を発見して腰痛・肩凝り・頭の重みをほぐすのに夢中になる、自分で自分をマッサージできればと、いつも思ってしまう。
とりあえず今は、しかりつけたり、よしよしと撫でる、娘二号や息子一号のあごや手足、頭の形をなんとなく覚えている感じがする。でもこの子らは成長期だ、形は変わる。

本当に覚えているのかは分からない。
ただ、実感として、触覚が形や質感(固まりとして、マッスともいう、質)を理解している気はする。
ただそれ、触感を言語化するのは難しい。視覚や聴覚に無い、触覚独特の情報は、粘土でもこねて形作らないとどうしようもない気がする。それすらも、違う気がする。

まぁそんな感じで、やりかけた用事が終わったのかどうかすら見過ごして、付箋やメモだらけの机になる毎日です。

さてさて。
アマゾンでマイナス評価をしようかと思ったけれど、それも違う気がしてここに書く。
発端は、娘一号が最近夢中になっている「カードキャプターさくら」、あるきっかけで娘一号は話題の「妖怪ウォッチ」ではなく、この懐かしの名作に夢中になってしまった。
幸運なことに、講談社の「なかよし」が60周年だかで、この「カードキャプターさくら」が取り上げられている。
でもちょっと調べたら、毎年キャラカレンダーが出ていて驚いた。長い人気だね。
さてそれで、物語中のアイテムであり、トランプとタロットを合わせたような「クロウ・カード」が、かつて講談社から売られていた。そしてこの度、復刻再販されるというので、予約しようと思ってアマゾンとかを見ていたのだが、……。

何かおかしい。と思った。商品情報がいつ見ても「予約可能」にならず、販売日になってもどこの書店でも売っていない。そして「現在注文できません」というステータスに変わっていた。はっきりとは書かれていないが品切れらしい。
妙な空気だった。
本当に販売されたのかを疑いたくなるような、空気だった。
そして、なぜか中古品とか「新品」が定価の1.5倍以上の値段で売られていた。
ニャー。

だもんで、不買を呼びかけようかと思った。
もしくは定価以上は意地でも払わない。適正価格とは言えない。

まず、出版元がなくなっているのならいざ知らず、販売元は大手の講談社である。
なもんで、プレミアがつくとか、希少価値が付くのはおかしい。
しかも、発売日の三日以内の話です。
新品未開封で売るなら、そもそも買うなよ。
特に Amazon は、第一義にはオークションサイトではないはずで。

これ、一応書籍扱いだったと思う。形はカードだけれど。
だから、法律に詳しくないけど、「定価」とか「再販制度」に引っかかるんじゃないだろうか。

単に入手しにくい状況を作り出して、価格を上げているのだとしたら、明らかな犯罪だと思うのだけれど。
出版社は販売はしないものだろうから、それは大変だと思うけれど、どのくらい購入意欲のある人がいるのかは、把握していると思う。

……と、ここまで書いて、スマホのアラームで中断した。
会議の予定を完全に忘れていたのだ。

だから、この話はここでおしまい。
posted by ZON3 at 23:27| 日記