検索ボックス
 

2015年01月18日

■今のところ書いてみる。

■今のところ書いてみる。

ごくささやかなやる気で変われるのかもしれない。
知っていても、実際なかなか実行できないのが、この病の辛いところ。

さて、メインのノート型PCがバッテリーを失って幾年過ぎた。またまた仕事環境が変わってきたので、バッテリー無しでは辛くなってきた。そこでバッテリーを求めたのだが、完全に欠品なのだという。困ったものだ。
バッテリーの問題がコンピュータに付きまとう。それが嫌でACアダプタで使っているのだが、コンセントの期待できない場所で使用したいようになってきてしまった。さて、どうする。
今の中古コンピュータは、僕のPCより新しいときている。悩ましい。
ほんと、WindowsOSのサポート切れの問題さえなければ、悩まなくていいのに。ハードウェアがダメになるまで使い続けられるのに。
……正直、いまこの「管理」が一番辛い。ライセンス管理よりもやりたいことがある。でも、超スローペースになった僕は数年がかりで一つのことをやり遂げるようになってしまった。やっている途中でソフトウェアもOSもバージョンアップしてしまう。
その度に僕はつまづいていく。

仕事のことがなければ僕はWindowsを使わなくて暮らせるのに、と八つ当たりしたい時がある。
今はdocx、exlx、pptxファイルが憎い。一太郎もだけどもう疲れた。

……そうか、もう20年か。
1995年ごろ、インターネット上に書き物のホームページを起こしてから、20年になるのか。なんてこったい。今唐突に思い出した。そのころのエントリーのひとつが「ワードプロセッサの呪い」だった気がする。
互換性のない文書が溢れ、僕らが苦しみ、僕は「夢」のフォーマットによって救われることを妄想するという内容だったと思う。
マークアップ言語にすごく期待していた。
でも文字の世界はもっと恐ろしくて(白川 静さんじゃないよ)、そもそもJISの基準からして恐ろしいのだと、知れば知るほど悲しくなってしまうんだ。
書き文字認識に感動して、ザウルスユーザーになったことや、電池で動くことに感動してPOMERAユーザーになったりしたっけ。
画面書き込みがしたくて、ThinkPad X61 Tablet を手に入れたんだった。でも期待したほどじゃ無くって。字はかけてもお絵描きにはもうひとつだった。
そして、ノートPCは重い時代だった。

今僕はスマホで文字をタイプしている。性能的には申し分なく、唯一の壁はキーボードが使えないことだった。でも今はキーボードが使える機種に更新した。
そうそう、去年の夏、遠近両用眼鏡を買って、手元が見えるようになったことも大きいプラスかも。

今日はここまで。
あんまり一気に打つとリハビリにならない。

ずいぶん久しぶりに、「考えて文章を打っている」気がする。
posted by ZON3 at 23:44| 日記